s

人気のあるアメリカ留学で英会話を身につけよう!ドイツ語翻訳の翻訳会社。

英会話を身につけるために、TOEICやTOEFLを学び、また更にアメリカ留学などをおこなう人も増加してきており・・。ドイツ語翻訳の翻訳会社。磯焼け対策と藻場再生

TOP 磯焼け対策 藻場再生 水産庁の提案する磯焼け対策

目次

  1. 水産庁の提案する磯焼け対策
  2. 磯焼け対策はどこに依頼?
  3. 磯焼け対策の救世主になるか?

水産庁の提案する磯焼け対策

磯焼け対策モデル事業によってある程度解決手法が明らかとなった。と水産庁は公表しています。ウニや植食性魚類による食害に対しては、ガイドラインに基づき対策を推進することで改善することが分かってきました。

水産庁は地方公共団体や漁業者等が行う磯焼け対策に対する支援を公表しています。磯焼け対策緊急整備事業、漁村再生交付金、強い水産業づくり交付金のうち経営構造改善目標、岩礁域における大規模磯焼け対策促進事業という名目で支援しています。今後も国が地方自治体や漁協などを継続して支援することで磯焼けを防ぐでしょう。

藻場再生の一環として、磯焼け対策を行うことは今後も増えてくるでしょう。

磯焼け対策はどこに依頼?

磯焼け対策としてどのような対策を行うのか?によって依頼する企業は異なってきます。バイテクソイル(森林の腐植土と同じ腐植土)によって磯焼けを防ぐという手法もあります。

バイテクソイルによる海草の着生生育は、今迄の試験設置等による調査分析で磯焼け対策への高い実績を確立しており、多くの研究が発表されています。

これを使った手法なら大阪の株式会社タイキが行っています。どのような施策で磯焼け対策を行うのか?ということで依頼先が異なります。

磯焼け対策の救世主になるか?

磯焼けウニの蓄養ビジネスに成功で磯焼け対策の救世主になるのか?大分うにファーム・栗林正秀が目指す地域と海の救い方とは何か?スタートアップ企業・ウニノミクス株式会社とジョイントベンチャーを立ち上げ、世界で初めて、磯焼け対策を目的としたウニの商業的陸上蓄養事業を成功させた。

これにより、磯焼け対策をしながらのビジネス化で磯焼け対策としての雲丹の駆除が進むことでしょう。具体的には、磯焼け対策の多くはウニを駆除することに頼っていますが、栗林氏が実現したビジネスモデルは、中身が空っぽの「磯焼けウニ」を漁師たちから買い取って飼育し、ブランド価値を付加して商品化することです。

その販売利益が藻場の再生と漁業者の支援にも貢献する、循環型のビジネスモデルとして評価されています。

藻場再生と磯焼け対策のコンテンツ

メニュー

アメリカ留学で英会話TOP 英会話 留学 ドイツ語翻訳 翻訳会社 高品質な翻訳 磯焼け対策 藻場再生

当サイトへのお問い合わせはこちらのページへ。人気のあるアメリカ留学で英会話を身につけよう!では、留学や英会話をはじめ、翻訳会社の英語翻訳やドイツ語翻訳サービス、中国語翻訳といった翻訳サービス、地球環境を考える磯焼け対策や藻場再生といった多くの情報を提供しています。